<給食>
保育園給食では、食の安全を第1に考え、国産の食材を使用しています。
野菜は、近くの農家で直接仕入れ、「地産地消」を行い、新鮮な野菜を提供しています。
毎日手作りの昼食とおやつは、季節感と旬を大切にした目でも舌でも楽しめる内容になっています。
子どもたちに豊富な食体験をさせたいというコンセプトのもと献立を作成しています。
家庭と密な連絡をとり合い、離乳食、アレルギー食に個別で対応し、代替食もできる限り提供しています。
誕生会では、毎月違ったテーマを決め、お楽しみ給食と手作りケーキでお祝いしています。
食器はホルマリンや環境ホルモン物質や有害物質の溶出が全くない高強度磁器を使用しています。


食育
幼児期の食生活は、子どもの体と心の成長に大きく影響します。
保育園では正しい食習慣を身に付け、さらに食への関心を高めるため月に1度、栄養士が「食と健康」「食と人間関係」「食と文化」をテーマとして、直接食材に触れたり、クイズやペープサートなどを使って、子どもたちにわかりやすく紹介しています。

食に興味を持てる様 厨房には、子どもたちが中をのぞける窓があり、その窓から調理風景をのぞき、調理が自然と身近なものに感じる様促しています。また園庭では、野菜を栽培し、子どもたちが水やり、雑草抜きをしています。
そして大切に育てた旬の野菜を収穫して給食で食べ、「食べ物の大切さ」を学んでいます。



通年の共通テーマ

特産物の紹介
日本地図を使い、毎月都道府県の1つを取りあげ、特産物を紹介しています。
紹介した特産物は、給食に取り入れ楽しみながら食べています。

三色の食品について・栃木県の特産物について

内容
春の食材のグリンピース、そら豆、スナップえんどう、たけのこなどを見せ、触れたり、においをかぎました。
食べ物を3色に分類し、各色の働きを説明しました。
栃木県の特産物のかんぴょうを紹介し、かんぴょう巻きにして食べました。


三色の食品について・鹿児島県の特産物について

内容
秋の食材を紹介し、触れたり匂いをかいだりしました。
中が見えないはてなBOXの中に旬の食材を3つ入れ何が入っているのか当てるゲームをしました。
鹿児島県の特産物のさつま芋を紹介し、ふかし芋にして食べました。


三色の食品について・長野県の特産物について

内容
冬の食材を紹介し、触れたり、においをかいだりしました。
さまざまなみかんを集め、いろいろな種類のみかんがあることを紹介しました。
みかんを観察し、房の数や中の様子を見ました。
長野県の特産物のワカサギを紹介し、給食でワカサギのフライを食べました。



初めてのお楽しみ給食を見て子どもたちは、大喜びでした。
ネズミにも見えますがライオンです。

ライオンカレー・ほうれん草と玉ねぎのスープ・トマトサラダ
   

ハロウィンのお菓子プレートをイメージして作りました。
キャンデーに見たてたロールサンドは、何が出てくるか楽しそうに
開けていました。

いちごロールサンド・ハム卵サンド・キッシュ・南瓜サラダ・
キラキラスープ・フルーツポンチ
   

きつねのいなり寿司には五目ごはんが、おでんには手作り肉団子、
大根、卵、こんにゃく、はんぺん、人参が入っています。
盛り沢山の給食になりました。

きつねのいなり寿司・おでん・コロコロさつま芋サラダ・
ほうれん草の味噌汁・みかん
   

ねずみ年という事でミッキーのランチプレートにしました。
旗も雪だるまのミッキーになっています。

ミッキーのケチャップライス・チーズサラダ・ポトフ・フルーツポンチ